諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

与党2/3維持という結果

結果的には勢力図は変わらなかった

民進党が右派(希望)と左派(立憲民主)に分裂しただけ。

与党vs野党という分け方では2:1だが、

希望は右派=保守派、維新=保守と考えると、

現時点では保守:改革=372:67(無所属23を除く)

保守派は反安倍も含めると全議席の8割を超えている。

保守派のうち与党の議席はおよそ84%

保守派で反安倍は16%しかいない結果になった。

 

f:id:supertomcat:20171023085744j:plain

 

小池氏が『左派を排除する』と言ったのは、

自身が右派(保守)なのでやむを得ない事である。

改革派の支持をとりつけたいのではなく、

保守派の自民党支持者を取り込みたかったのであろう。

右も左も反安倍なら構わない、というスタンスでは

旧民主党=旧民進党と同じで烏合の衆でしかないから。

 

上手くいかなかった理由はおそらく

1.自身が出馬しなかった

2.反安倍以外の政策が明確ではなかった

3.自身が都政においてまだ結果を出せていない

4.右派のみを集めたがやはり烏合の衆だった

 

しかし保守政党を新たに立ち上げて一定の勢力を得た。

維新より大きな勢力である。

 

今後、都議会で都民ファーストが、また国政で希望の党

烏合の衆でない存在感が示されれば、

小池氏に次のチャンスは巡って来るかも。

 

憲法改正は近いうちに発議され進んでいくだろう。

これについては保革の色分けでは賛否を測れない。

国民投票という関門が待ち受けている。

 

大阪都構想でも住民投票は僅差で否決となった。

国会では通過しても国民の評決が待っているのだ。

 

 

自動運転はどこまで進化できるか

前方の目視できない障害物を回避する

自動運転になればこれも可能でなければならない。

そういう状況の事故が先日発生した。

恐らく故意に落下物を発生させた訳ではないだろうが、

整備・点検の見落としや不履行が招く結果は

重大な死亡事故につながる事実に刮目しなければならない。

 

f:id:supertomcat:20171022100604j:plain

 

これとは別に、高齢者の運転に対する安全確保が喫緊の課題である。

加齢による運転能力の低下に対して社会がどう対応してゆくか。

手動運転には年齢制限が設けられることになるのかもしれない。

 

 

さて、この記事がアップされる頃には即日開票が始まっており、

次第に各政党の当選者や勢力図が明らかになる頃だろう。

 

希望の小池氏は昨夜の最終演説後に、パリへの機中の人となった。

東京都知事としての公務で国際会議に出席するとのこと。

これはもともと予定に上がっていたことだろうから、

パリからのLIVEで勝利宣言が見られたかもしれない。

 

さてどうなるのか、北朝鮮問題の緊張状態を解決して、

山積の政治課題をパワフルに解決していける政権を望む。

 

 

 

週末は選挙だが神風が吹く

ただしナントカ旋風ではなくリアル台風のこと

今朝から時折雨が落ちてくる天気で、

とても外出しようという気にはならない。

このシーズンはムラの収穫祭の季節でもあるのに、

10月下旬の超大型台風である。

 

朝日新聞 平成29年10月21日日刊より

f:id:supertomcat:20171021083044j:plain

 

久しぶりにバイクに乗る用事が出来たので、

リアボックスからヘルメットを取り出すと、ブルーチーズ臭が。

『げげっ、カビている』ガ~ン

 

一緒に入れていた手拭いと革のグローブにもカビが・・・

大元は革のグローブだった。20年来愛用の南海部品製だが、

もはやこれまで。速攻で廃棄処分にした。

 

とにかく出かけなければならなかったので、

ヘルメットを被ると、やはりブルーチーズ臭が。

見た目はカビの付着なしなのだが、フルフェイスだし・・・

 

ネットでヘルメット丸洗いを検索して、

生まれて初めてフルフェイスを洗浄してみた。

内側のパッドは全て外せたので、洗濯機で手もみ洗い。

三日三晩乾かして元通りにパッドを装着して完成。

 

 

f:id:supertomcat:20171021084102j:plain

 

 おお、なかなかスッキリとして気持ちが良い。

まるで新品になったかのような被り心地が。

 

ヘルメットのクリーニング業もあるようだが、

8,000円強ほど掛かるようで、これは高杉。

初めての経験だったが、やってみると案外簡単だった。

 

 

守るべきもの

常識がずれていると脅しは通用しない

抑止力とは何か?

次の一手を読み取る共通認識のこと。

 

使えば、相手も使ってくる。だから使わない。

相手も同じことを考えていると、抑止力。

 

ところが、独善的な考え方や逼迫した事情があれば、

『とにかく今を切り抜けなければ・・・』

となり、暴発危険水位に近づく。

 

例えば、自分が死ねばそのあとの世界はどうでもよい、

という考えの独裁者が瀕死の状態になって、

そこに発射ボタンがあれば・・・押すかも。

 

f:id:supertomcat:20171020081149j:plain

 

守るべきものがあれば常識的な状態に近づき、

自分がいない場所でも秩序が保たれることを望む。

しかし、守るべきものがない、と考えてしまうと・・・

自暴自棄になり暴走するか、悲観の余り抜け殻になるか。

 

暴走を防ぐには守るべきものの存在を認識させること。

これがなければ傍若無人な無法者になってしまう。

 

 

日産よ、お前もか

ぶっちぎれ、技術の日産!

重鎮のロック歌手を起用したCMでのセリフである。

コンプライアンスのかけらも感じられない三菱自動車を、

傘下に収めた時にも一抹の不安を覚えたが、

それが見事に的中するとは。しかもこんなに早くに。

 

同じ穴の狢だったのか、三菱自動車の血が入ったからなのか。

トヨタのライバル社の一つとして長年自動車産業を牽引してきたのに、

ルノー社の傘下に入って業績を回復したのにこれでは・・・

 

三菱自工、自販のクルマは絶対に買うまいと思っていたが、

日産はデラの対応は最悪だったが製品は悪くなかった。

パジェロJr、パジェロio、ZX300(Z-32)のユーザーだった。

 

何とか持ちこたえるかもしれないが、ルノーからは切られるかも。

 

 

社会人ラグビーの名門、神戸製鋼がしでかした。

これはコメントのしようもない致命的な長年の不正。

エアバックのメーカー同様の末路を辿るだろう。

 

ラグビーチームは解散か、チームごと売却か。

 

なんてこった、パンナコッタ。

 

革新と保守とは?

リベラル派とコンサバティブ派ともいう

平等と格差、伝統と流行 etc…

政治的にわかりやすいのは、理想主義と現実主義かも。

 

理想を掲げることは必要なことだが、それだけでは生活できない。

今、目の前にある危機に対処していくのは紛れもない現実。

 

革新も保守も『理想』を持っているが、持ち方の違いなのだ。

理想を現実にする力、実行力があるかないか、というよりも、

『それが実現可能な理想なのか』ということ。

 

理想が現実に即しているのか、というハードルの高さにもよる。

 

崇高な理想を掲げることは大切なことではあるが、

実現不可能な理想を出来るというのは詐欺と紙一重である。

 

理想のために命を捧げるのも、捧げる当人は満足かもしれないが、

残された者に降りかかる現実は、良い影響ばかりとは限らない。

 

現実主義に偏ると、実績を残している現政権に分がある。

理想は理想で大事なのは解るが、夢物語や嘘八百は違う。

 

理想=現実にはあり得ない状態?

高校の物理の問題に出てくる言葉。

 

ただし、摩擦はゼロとする。

空気抵抗は無視できるものとする。 etc…

 

衆議院選の行方

衆議院議員選挙は次の日曜日

なぜ、この時期に衆議院を解散するに至ったか。

国会が国会として機能していないからである。

森友、加計問題の野党の追及は決め手を欠いている

にもかかわらず、引くに引けない状況。

 

『疑わしきは罰せず』という裁判の大原則からすると、

怪しげな状況ではあるが、証拠不十分で無罪になってしまう。

 

野党側からみても追及は手詰まりの状態で、

選挙という民主的な手法で国民に審判を委ねるのは

『渡りに船』という状況のはずである。

 

ただし、どちらが正しいか、間違っているか、ということではない。

日本国の舵取りを誰に(どの党に)任せるか、というのが選挙である。

反対、反対、絶対反対。と『祭』をしても、その後の事はどうする?

 

数年前の『祭』で日本中が沸き返って生まれた旧民主党政権は、

政権担当能力が欠如しており、『祭りの後の暗黒の3年』をもたらした。

 

だからと言って自民党を是としている訳ではない。

自民に代わる対抗軸が無いのが嘆かわしいのだ。

自民の中の自浄作用に期待するしかない。

国民側も別の意味での手詰まり状態なのである。

 

寛容な保守と言いながら、『安倍憎し』しか伝わらない小池氏は

成果の伴わない夢の公約を掲げて幻想で惑わせようとして失敗。

 

姑息なイメチェンで延命してきた旧民主党集団は、

ようやく解党してリセットする覚悟かと思いきや、

『選挙後に再結集』などと、見せかけの離散集合をする?

 

破れかぶれで旗揚げした立憲民主党がリベラルの唯一の受け皿?

”暗黒の3年”で官房長官を務めた男が党首なのだが。

『我々に力を貸してください、やらせてください』

つい最近やったじゃん?どうなったんだっけ??

 

シュプレヒコールは叫ぶが、本当の政治が出来るプロは居るのか?

 

議会民主主義の形骸化?初めから形だけだったって??

そうかもしれない。

 

立法府と行政府を完全に分けてしまう方が良いのかも。