諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

スタッドレスタイヤの選択

冬用タイヤの選択は難しい

冬は積雪が続く雪国ならまだしも、

ほぼ旅行でしか雪道に行かないドライバーだからだ。

評判は雪国ドライバーのクチコミに頼ったりする。

ではなぜ冬用タイヤを履くのか。夏用タイヤの温存であったり、

非雪国でも偶に遭遇する雪道対策のためだったり、である。

気温が7度を下回ると、夏用タイヤは硬度が増して性能が低下する。

ゆえに、雪道ではなくても冬用タイヤがベター、という意見もある。

 

高速性能やウエット性能がよく、耐摩耗性に優れた外国製の

ミシュランピレリスタッドレスが良いのではないか?

本格的な雪国に行くには気を遣うけど、雪のない冬ならOK

雪国での評価はそう高くないので、実勢価格も低めだし。

 

スタッドレスは3~4シーズンで寿命が来ると言われるが、

よっぽど長く乗らない限り、一度買えば車の買い替えまでは

持たせることが出来るのでは?

 

ネットでの評判や実勢価格を基に調べてみると、

評判が良いのは本気雪道なら若干高めではあるが、

ミシュラン X-ICE XI3 がイチオシのようだ。

 

コスパ重視の冬用タイヤ選択なら、

ピレリ ICE ASSIMMETRICO がよいのでは?

 

個人的には、中古純正ホイールを購入した時についてきた、

溝は十分だが3シーズン目のスタッドレスタイヤ

TOYO OBSERVE GARIT GIZ を使う予定。

  

現在の純正RFT夏用

f:id:supertomcat:20171119140750j:plain

 

1回だけ1月に本気の雪国に行く予定があるのだが、

タイヤチェーンを用意したし、除雪された道以外は

入らなくてもよい地方都市への往復なので、大丈夫なはず。

 

ちなみに、夏用タイヤも来春購入予定なのだが、

ネット上のイチオシは レグノGR-XI のようだが、

個人的な印象は ダンロップ VEURO VE303 だったりする。

 

来年春に状況が変わればまた選択肢も変わるだろうけど。

(雪国で大スピン&廃車でまたSUVにしたとか・・・)

レクサスの新車攻勢~2018~

前回にあんな記事を書いてしまったが・・・

やはりレクサスも考えていた様子。

ベストカーCG web によると、2018年にトヨタ社が

レクサスを含めてFMC、MC、新車の大攻勢をかけるそうだ。

その中でも、Fスポーツでない『 F 』が出てくるらしい。

 

f:id:supertomcat:20171118083510j:plain

 

レクサス GS F  2018年春 FMCで登場

2015年に登場した、現行の GS F ではあるが、

早くもFMCを行うらしい。LC F に搭載予定の

V8 4,000cc ツインターボ(670ps/66.3kgm)を

先行して搭載するらしい。ちなみに現行型は

5,000cc 自然吸気(477ps/54.0kgm)だそうだ。

 

レクサス LS F 2018年夏~秋 新規車種追加で登場

メルセデスAMG S63 に対抗するハイパフォーマンス

モデルで、専用の足回りとパワーユニットを搭載する。

上記新型GS F と同じV8TTで670ps/66.3kgmだそうだ。

対するS63は同じV8TTで612psで、パワーは上回る。

レクサスの造りで670psなんて・・・怖いかも

 

レクサス UX  2018年冬 新規追加で登場

コンパクトクロスオーバーSUVの車種追加だそうだ。

アウディーQ3を対抗車種に想定しているらしく、

パワーユニットは2.5ℓNAと2.5ℓハイブリッド。

廉価版のレクサス車追加はブランドイメージが・・・

 

レクサス LC F 2019年秋 新規追加で登場

ベース車はV8 5,000cc 自然吸気と3,500ccHV。

Fは V8 4,000ccTTで670ps/66.3kgmを搭載。

 

レクサス LS FCV 2019年秋(?) 新規追加で登場

FCV(燃料電池車)の車種追加をもくろんでいるらしい。

まだまだ、海のものとも山のものとも、という段階。

 

まだ、あくまでも予想の段階ではあるが、

いつものトヨタのやり方である。

新開発した渾身のパワーユニットを複数車種で共有する。

オーナーの特別感がものすごく薄くなるやり方。

 

大昔にマークⅡ3兄弟とスープラソアラに同じ

2,000ccツインカムツインターボ 210psを載せて

「なんだかなぁ」と思いつつスープラだった事を

思い出した。効率的だがセコさでもあるのだなぁ。

 

「2018年 トヨタ 新車」でググると詳細あり。

 

中途半端なレクサスの立ち位置

レクサスはトヨタの1販売チャンネルに過ぎない

ネッツやカローラトヨペットトヨタ店と同じである。

ただ、ラインナップ商品がトヨタではなくレクサスなだけ。

 

メルセデスベンツAMGBMWのMとは立ち位置が全く違う。

AMGやMは高性能チューンナップ部門で、販売チャンネルではない。

レクサスの中ではFスポーツと呼称されているFがそれに相当する?

富士スピードウエイの頭文字が由来だそうであるが、

AMGやMに比べればまだまだオマケみたいなもの。

BMWのノーマルグレードのMスポーツに近い物ぐらいでしかない。

 

レクサスはCTやHSを販売する時点で高級路線ではなく

全方位販売チャンネルに転換した。

社内から独立した採算性を求めるように声が上がったのか、

レクサスブランドを利用してチープな車を売りつける。

その時点でLSやLCの価値も下げることになるのに。

 

f:id:supertomcat:20171115132636j:plain

 

グレードについても、Fスポーツか否かでも運動性能にほとんど差はない。

全体的にマイルド(アンダーパワー)な方向へ振りすぎている。

ライバル視する外国車を超越するには、おもてなしや洗練さではなくて、

クルマとしての絶対的な性能で最低でも肩を並べる必要がある。

セカンドカー向けのクルマとして販売しているとしか思えない。

 

同級生と酒の肴

久しぶりに同級生と呑みに行った

彼は小学校高学年で同窓なのだが、当時の記憶はない。

3年から6年まで1回だけクラス替えがあったが、

同じクラスになったことはなかった。

 

1学年4クラスだったが、自分は6年で隣の校区に引越して、

小学校の同級生とは別の中学校区になり、交流はなかった。

もしかすると高校で遇っていたかもしれないが解らなかった。

 

その小学校(北摂地域)にも3年生の初めに転入しているので、

小2以前(南河内地域)の関係は完全に断絶している。

 

転居のために、腐れ縁が発生しなかったことは、

その後の人生に影響を与えているのだろうが、

良かったのか悪かったのかは不明である。

 

ではなぜ小学生当時の記憶に残らない友人と邂逅したのか。

 

家業を継ぐために実家(中学生当時の居所)に帰ってきた。

同じく鮭のように地元に還っていた小学校繋がりの友人

(自分にとっては)3人と呑みにいくことがあった。

彼等3人は小中繋がりで、そのうち2人は小中高繋がり。

 

そのうちの一人と趣味や嗜好などで妙に話が合い、

自宅が駅3つ離れているだけと近く、呑みに行くようになった。

 

f:id:supertomcat:20171112101429j:plain

 

あとの二人は同じクラスの同級生でよく覚えているが、

中学以降どうなったかを全く知らないので、

同じクラスにならなかった彼と情報量はそう変わらない。

 

呑みながら40年近く前の昔話をすると、

近接遭遇を繰り返していたことが判明して面白かったりする。

まだまだ酒の肴になる宝の山はどっさり眠っているようだ。

 

 

鮭か人間か

久しぶりに地元の駅前へ飲みに行く

自宅の最寄り駅ではないのだが、一つ先の駅で

大学のキャンパスがある関係で学生街の顔を持つ。

 

この駅とは小学校高学年から中学終わりまでの通塾に始まり、

高校では最寄り駅として3年間この駅で乗降した。

 

大学から暫くは地元を離れて、この沿線に復帰したのは10数年前。

最近の位置づけは通過駅であり、改札を出ることはほとんどないが、

昭和50年代の10年間は慣れ親しんだ街であるので、

自分的には勝手知ったるホームタウンの駅前なのだ。

 

f:id:supertomcat:20171110084430j:plain

 

駅前は再開発などは行われておらず、改札口を出た景色は変わらない。

商店街に入っている店はもちろん入れ替わっている。

 

書店や写真屋、八百屋や魚屋は姿を消し、飲食店は入れ替わり、

小学生の頃から同じ場所で残るのはマクドナルドと餃子の王将ぐらい。

商店街のアーケード内にある銭湯は残っているのかな。

 

ふと気づけば、どっぷり地元で生活している。

仕事の関係で3年弱ほど『県民』になったりしてこともあったが、

結局はUターンしてかつての母校近くに居を構えて生きている。

 

人間様のつもりだったが、鮭だったのかもしれない。

 

鰻屋へ

年に3回か4回行く鰻屋がある

ここの鰻を食べたら他所のは食べられない。

それでもたまに食べることがあるが、必ず後悔するのだ。

コース料理で付き出しから始まり、

湯引き、肝焼き、白焼き、押し鮨、茶わん蒸しがでてきて、

肝吸い付きのうな丼が出てくる。

 

f:id:supertomcat:20171107084947j:plain

 

重にすると食べにくいから丼にしている、とのこと。

で、コーヒーとデザートが出てコース終了。

 

そこそこのお値段はするが、これだけのものを食べられると安い。

ここのお店が無くなったら、鰻ジプシーになってしまう。

という程に鷲掴みにされている鰻屋である。

パソコン本体も引き取ります

時々やってくる家電の無料回収

前回は液晶モニターを回収してくれたが、

今回のチラシをよく見ると、PC本体無料回収とある。

 

PC本体とモニターは市のごみ収集事業では回収不可で、

製造元か、回収機構に委託するしかないはずだが、

きちんと利益が出る仕組みがあるのだろうな。

 

 

f:id:supertomcat:20171105153931j:plain

 

個人情報の流出を防ぐためにHDDを外して出す。

いたずらされないように洗車しながら見ていると、

軽トラで回収業者が回ってきて運んでいった。

 

f:id:supertomcat:20171105154008j:plain

 

パ〇コン工〇の大型タワー機2台とスリムタワー機1台。

自作パソコンのイメージがあるが、〇ソコ〇工房で組んだ、

完成品の販売商品で、改造していないものしか回収しないそうだ。

 

つまり、電源が壊れたので交換した・・・回収不可

内部HDDを1台増設した・・・回収不可

個人情報保護のため、HDDを取り外した・・・回収不可

 

ソニーやその他のPCメーカーも改造品の回収はダメなのかも。

 

近頃はどうなっているのか、ググってみたところ・・・

無料回収業者がガンガン出てきてますな。

なんでもありの状況になっているみたい。

別にパソコン本体を回収してくれる業者は希少なわけではなさそう。

 

玄関先から持って行ってくれるのはありがたく希少だけど。