諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

1日1題

あと13日で、18回分の練習部材があるのだ

1日1題しても5回分余る。土曜日2回、日祝日2回あるので、

その時に2~3題づつすれば消化できる計算。

そこで、文房具屋に行って買ってきた。

 

f:id:supertomcat:20170710084336j:plain

 

昔の決済箱は今こんなにあか抜けている。

1回分の部材を用意してこの中に入れて職場に持って行く。

 

f:id:supertomcat:20170710084512j:plain

 

中抜けの時間が中途半端に長いので、

1時間ほどは余裕で取ることが出来るのだ。

 

取り付け枠は繰り返し使うと、何度目かで折れてしまう消耗品。

ジョイントボックスや金属管の作業も1回目しか出来ない部分もある。

それでも、この練習セットはお値段は張るが、優れものである。

 

f:id:supertomcat:20170710084945j:plain

 

技能試験の独学なんて、本当に出来るものかと思いつつ始めたが、

DVDやyoutubeの画像があったり、色々な本が出ていたりして、

案外短時間で受験できる(合格が狙える)レベルまで習得できたと思う。

 

もともとアマチュア無線でケーブルの被覆剥ぎや半田付け、圧着端子つけなど

ある程度は慣れ親しんでいたのもあるのかも知れない。

 

あとは、慌てず、焦らず、侮らず、である。

 

 

技能試験まであと2週間・・・

7月3日に筆記試験の合格発表があった

ネットで見る方式の発表で合格していた。

今年の上期は71,646人が受験し、43,724人が合格したそうだ。

合格基準点は60点以上で、合格率は61%だったとのこと。

上期筆記試験の受験者数はここ3年減少傾向で、

平成27年は79,002人、28年度は74,737人、29年度は71,646人。

合格率は平成27年度:62.5%、28年度:65.2%、29年度:61.0%。

 

f:id:supertomcat:20170709092735j:plain

 

関西では10,546人が受験し、6339人が合格して技能試験へ。

関西では土曜日受験希望者は、京都、兵庫、滋賀、和歌山会場で、

日曜日受験希望者は、大阪、奈良会場で実施される。

当初は曜日は指定できない、と思い込んでいたので、

仕事を休む覚悟をしていたが、試験地の都道府県が選べるので、

となりの府県で受験可能なら、曜日を選べるのと同じ事になる。

 

今年度は筆記試験、技能試験ともに大阪府は日曜日実施であった。

 

数日して試験結果通知書と技能試験の受験票が届いた。

前もって技能試験対策をしていたが、ホントに受験することになった。

3周分の技能試験用部材セットはまだ1周半分ほど残っている。

 

f:id:supertomcat:20170709094320j:plain

 

技能試験の練習は筆記試験の勉強に比べると格段に面白い。

しかし、1日に何題もしていると集中力が落ちてくるような。

毎日1題を目標にあと2週間、頑張っていきまっしょい。

 

 

 

世界から内燃エンジン車が消えてゆく?

トヨタが火付け役のハイブリッドは全世界へ

ボルボ2019年以降発売するすべての車種に

電気モーターを取り付け、従来の内燃機関のみで

走る車の販売を止めると発表した。

フランスは2040年までにガソリン車の販売停止を目差すという。

 

 

f:id:supertomcat:20170707224651j:plain

 

世界はレシプロエンジンを廃止する方向へ動き出すのか。

船や飛行機は未だに内燃機関でガンガンCO2を排出しているのに

なぜ自動車ユーザーだけが高いコストを負担して

地球温暖化の責任を一身に背負わされるかのようなハメに?

 

f:id:supertomcat:20170707224713j:plain

 

現在はハイブリッド車に乗っているが、レシプロエンジン派である。

燃費や税金その他、ランニングコストの問題でハイブリッドなだけ。

レシプロエンジン派は圧倒的多数だと思う。

加えて、日産リーフに代表される、電池車のバッテリー劣化問題は、

PHVの未来を著しく阻害する。

 

f:id:supertomcat:20170707224728j:plain

 

今のうちにレシプロエンジン車を楽しんでおかないと、

法律で禁止される世の中がやってくるかもしれない。

 

 

 

連れられているのはどっち?

毎朝よく犬を散歩させる人たちに出会う

集合住宅が少なく一戸建てが大半の住宅街なので

犬を飼っている人が多いのもうなづける。

若い2世候補者が選挙演説で、

『犬の散歩がしやすい公園の整備』みたいな事を言ってた。

その選挙では落選したが、今は議員さんのようだ。

 

少し年配の男性が犬を連れて歩いていた。

足が不自由なのか、足取りが少し危なげだったが、

その主人に寄り添って歩く犬は胸を張り、凛としている。

犬が主人を守っているつもりなのか、運動させているのか?

と、思えるような何か面白い光景だった。

 

f:id:supertomcat:20170707082236j:plain

 

実家でも一時期犬を飼っていたことがあった。

まだ独身であったが、離れて暮らしており、

盆や正月などの折り目に実家に帰るぐらいだったが、

ある日帰ると突然犬が出てきて驚いた。

室内飼いのテリアで♀だった。

いつも実家で暮らす父母弟に犬を入れて4人+1尾。

この中での序列はNo.2だったようだ。

 

餌をくれる母が不動の1位、犬は下から2番目で、

最下位が弟、犬の一つ上が父だった。

なぜ年に数回しか実家に帰らない自分がNo.2だったのか?

いまだに謎ではあるが、帰ると異常な喜び方で飛びついて来てた。

何か見えないモノが序列に関係しているのだろうか?

 

猫は気ままで自由なように見えるが、飼い主には甘えるようだ。

犬より猫の方が賢そうに見えることもあるが、

全体でみると犬の方が格段に賢いそうだ。

 

f:id:supertomcat:20170707083156j:plain

 

野良犬は最近、とんと見なくなったが、猫はノラか飼いかは

見分けるのが難しい。

そういう点では猫の方が生存環境としては恵まれているのかも。

 

 

開店休業の趣味

広く浅くでいろんな趣味をかじっているが・・・

その大半は開店休業の状態である。

山歩きの趣味は10年ほど前から始まったが、

最近は年に3~4回行くか行かないか。

今年は久々に涸沢テント泊の予定だが、

そのための練習山行の予定は1回(!)

 

この山歩きに付随して始めた趣味は、

アマチュア無線とデジタル1眼レフ。

緊急連絡用のハンディー無線機と風景の記録用。

アマチュア無線は試験マニア化して、第1級まで取得したが、

運用するのは出力5Wのハンディ機。100Wの固定機も

自宅用アンテナ2本とともに設置はしてあるが、使わない。

5Wハンディー機も重いので持って行かないことが多い。

 

f:id:supertomcat:20170705235858j:plain

 

デジタル1眼レフは、一度雨に濡れて修理代ウン万掛かってから、

山への出動は控えている。専らヤフオク商品の撮影用に成り下がっている。

 

自転車は5万前後の安いクロスバイクを今年購入したが、

1回走って今は車庫の片隅に眠っている。

 

プチ乗り鉄のつもりだが、用事がないと乗らない=一般人と同じ。

 

腕時計収集? 結局同時に身に着けれるのは1本のみであることに気付き、

現在はプライベートとビジネスと山行の3本のみである。

 

読書。これは未だに紙媒体で読むので、読後たまって困る。

 

自作PCは一時ハマって、3台ほど作ったがなかなか壊れないので

現在はたまにメンテナンスを行う程度。

 

第2種電工取れたらDIYの幅が大きく広がるかも。

 

そんなもんかな。

屋上点検の必要性

雨漏りの原因を探るべく防水屋さんが屋根の上へ

10年前の防水工事と同時に設けた2本の排水溝に

ボール類が咬みこんで詰まっていたそうだ。

そりゃあ、排水できずに溜まると浸み込んで漏れるわな。

プールのように水が張っていたとのこと。

 

f:id:supertomcat:20170705082243j:plain

 

地上から長い梯子を立て掛けて二人で点検。

屋根に上るのは細心の注意が必要だと。

屋根に立ち入るのが危険だと言った上で、

防水屋が「念のために防水塗装追加しとく手もある」

とセールストークを始めた。

 

今回の雨漏りは排水溝の詰まりが原因なのだから、

金の掛けどころは防水ではなく、屋根の日常点検手段だ。

儲けることを考えるのが商売だが、コーティングは違う。

2階ベランダから固定梯子を取り付けたり、

建物壁面にタラップをつけるのが正道であろう。

 

素人さんが登るのは危ないから、定期的に点検しよう、

ぐらいのことを言って、何度目かに「コーティングを」

なら信用しないでもないが、初めて会う防水屋さんが、

念のためにコーティングを、なんて排水溝無視の話。

 

排水溝の掃除で雨漏りを防げるなら、長梯子を買ってでも

点検する方が筋が通っているわな。

 

大いに不信感が沸き上がりますわな。

脱サラしてた友人

久しぶりに古い友人が訪ねてきた

同級生で10数年前におよそ30年振りに再会し、

以後は年に数回飲みに行く仲である。

職歴は多彩で、いろんな資格を持っており、

第2種電気工事士もその一つである。

 

ここ最近は食品会社の工場で設備管理者をして

退職まで勤め上げるのかと思っていたが、

「辞めた」とのこと。トラブルでもあったか?

よく話を訊いてみると、夫婦で起業するのだそう。

 

f:id:supertomcat:20170704082110j:plain

 

多彩な職歴の中で一時期、雇われで働いた業種で、

前々から構想を温めていたとのこと。

色々な職業を渡り歩いて個人店主に納まるのは、

遅まきながらも「やりたいこと」を見つけられた、

羨ましいケースである。

 

第2種電気工事士とは全く関係ないが、技術と経験と資格が必要な事。

奥さんもしっかり者で経験もあるから、きっとうまくいくだろう。

もちろん、なじみの客にしてもらうつもりである。