諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

自動車

煽り屋?当り屋?

高速道路で止められた死傷事件の犯人が 今までにも車を使って嫌がらせ行為をしていたとのこと。 ワザとゆっくり走って、追い越させてから因縁をつけてくる これは非常に悪質だ。自分も一度追いかけられたことがあった。 延々と後をつけてくる。細い道に入れ…

HDDの壊れ方

自作のメインPCを修理した話の続き HDDとOSを新しくして復活したのだが、 取り外したHDDをサブPCに繋いでみると、 キチンと認識されるし、簡易フォーマットも出来た。 気をよくして、サブPCの2nd HDD として再利用する。 ところが、いざバックアップをしよ…

秋のうちに冬支度を

まだ10月ではあるがスタッドレスタイヤの話 一度痛い目に合うと用心する性格なので、 スタッドレスタイヤのことは1年中考えているかも知れない。 今回は7月下旬に車両入替を決心して、車両が入れ替わる前に レクサスRX(10系)の冬タイヤ&ホイールセットを…

新型LSの発表は?

確かLSの国内向け発表が今日だったような・・・ 昨夜、前愛車のレクサスデラから久しぶりに手紙が届いた。 もちろん、担当者の氏名は書かれていない。 旧型RXを売却したと認識して貰えているようである。 G-Linkを解約して、返金が振り込まれていたので、当…

後ろ姿が美しい

コレクションのミニカーで比較してみる 1/48モデルの3台を選んで比較する。 MA-70 スープラ、92A ポルシェカイエン、W222ベンツである。 MA-70は2.0GTツインターボのノーマルボディーに乗っていた。 前から見た姿が結構気に入っていた。当時流行りのリトラク…

愛車遍歴その1

今の車で19台目の愛車になるようだ 結婚して2台体制になったクルマも含めてであるので、 自分がメインで運転していたクルマとしては12台目。 1台当たり約3年乗っている計算になる。 一番長く乗ったのは初代スープラ(5年)、 逆に一番短かったのは約半年のラ…

記事:日本のスポーツカー

自動車雑誌C&D誌の最新号を読んでいると 『日本のスポーツカー』という特集記事が組まれていた。 クルマに乗り始めたころは、自動車専門家はこう言っていた。 「日本にはスポーツカーはない。スポーティーカーならある」と。 最近は日本にもスポーツカーを…

車両入替から10日が経過した

前車の感覚が薄れ現車が馴染んできた 前後長が長いが、回転半径は意外に小さく取り回し性はよい。 車幅の広さはどうしようもなく、すれ違いやすり抜けはやや難儀も。 エンジンは前車と同じ3.5ℓ+モーターのハイブリッドではあるが、 レクサスは2モーターで電…

慣熟走行

明日から回るべき道、駐車場の確認と初期設定 納車翌日は取説を読みながら、設定の確認と変更や道幅の確認を。 まずは毎朝送る最寄り駅への経路の確認を行った。 次に通勤路と駐車場の確認とレーダー探知機の設定。 名神高速の最寄りS.Aの駐車スペースで小一…

車両入替日

新しいクルマがやってきた とはいってもこれを書くのは朝一で、やって来るのは午後早く。 (さらに新しいクルマとは言っても2年落ちの中古車だけど) スペアキーを引っ張り出して、ETCカードと三角停止板を下ろす。 G-Linkは解約したし、カーナビも初期化済…

さよならの向こう側

出会いがあれば別れもある・・・ 今まで乗ってきた車で、早く乗り換えたいとおもったのはRRだけ。 RRはトンデモナイ金食い虫で、「何でもいいから別の国産車を・・・」 と乗り換えたのが先代アルファードだった。 ブレーキは甘く、エンジンの小さい、走る車…

結局、スポーツモード全開

エコモードで走っても航続可能距離は減る あと数日しか乗れないクルマでこの走りはどうよ。 気に入って乗っていた車を、ヘビの生殺し状態で終える? いや、それは違う。最後まで『らしく』走ろう。 というわけで、わずか半日のエコ走行で根を上げて給油へ。 …

最初で最後のエコドライブ

燃料計のゲージは残り1/4以下を指している あと4日半程で車両入替であるのだ。 航続可能距離は150km強と表示されている。 購入してからずっと、エンジン始動後はスポーツモードで、 雪道を走るときにハイブリッドスノーモードにしたぐらい。 ノーマルやエコ…

気の早い冬支度

今回の車両入替は原点回帰なのである そうなのだ。世の流れに乗るように、 約30年前にMT車FR主義(初めの車はFF)で始まり、 子育て世代になるとSUVに走り、下が中学に上がった今、 FRの4ドアセダンに回帰する。もちろんATではあるが。 今までのSUVは4WDで…

車両入替前の作業

来週車両入替の予定である 3年と3か月、中途半端に車検を通してしまったのだが、 かなりの高額査定を提示された時点で、『売り』へ。 まあ、車検直前と車検時のデラの対応で、一気にレクサス熱が冷めたので、 車検後の売却は想定内というべきなのかも。 2年…

自動車道での出来事

休暇中に出掛けた山の帰り道で 自動車道を使ったのだが、らくちんなエピソードがあった。 特に面白いものではないけれど書き出してみる。 episode 1 山からの帰り道での出来事 下山開始が8時半ごろで、登山口には13時前に辿り着いた。 駐車場まで戻り、近く…

冬タイヤ用純正ホイールを探せ!

夏こそ購入のチャンスなのだ クルマを買い替えると、不要になるのが予備のタイヤセット。 つまり、ホイール+スタッドレスである。 カー用品店の安いアルミホイールと新品タイヤセットは、 お買い得感はあるが、デザインが今一でリセールバリューがない。 純…

レクサスLSは今秋発売開始らしい

11年ぶりのFMCになるレクサスの旗艦車 トヨタセルシオが発表されたときは衝撃的だった。 それまでは、『いつかはクラウン』であり、その先は外国車だった。 センチュリーは一般のオーナードライバー向けではないし、 クラウンはクラウンで上級車ではあるが、…

男たちのメロディー

今月下旬にも車両を入れ替えることになった 仕事が早い、というより中古車なので出会いが全て。 ホントは2020年にレクサス新車を、と思っていたのに・・・ 中古車は当たり外れが大きい、ギャンブル的な要素が強い。 今回は2年落ちの新車保証継承、認定中古車…

クルマの買い方

ここ数台のクルマの買い方は雑かも 狙いをつけてじっくり吟味し、ネット調査をする。 値引きや下取り車のおおよその価格もリサーチ。 家族に根回しして反応を伺う。(カングーはここで失敗) 乗り気のようならデラに電話orメールして商談予約。 休日にデラに…

セダン(箱型車)への回帰

入り口はハッチバッククーペだった 独身時代はハッチバッククーペから2ドアクーペ。 子供が生まれてカーゴスペースの大きなワゴン車になり、 子供がチャイルドシートを卒業してカーゴスペースの必要性が薄れて 現在はシティーオフローダーともいうべき中途…

おもてなしの裏側

今年レクサス車の初回車検を通した 2年と6か月時、つまり車検直前の定期点検の時に、 新車に乗り換えないのか?営業が困るが?? 的な事をサービスの担当者から言われた。 レクサスの新車保証は5年付いている。 しかも、旧型車にはなったものの十分に気に入…

世界から内燃エンジン車が消えてゆく?

トヨタが火付け役のハイブリッドは全世界へ ボルボが2019年以降発売するすべての車種に 電気モーターを取り付け、従来の内燃機関のみで 走る車の販売を止めると発表した。 フランスは2040年までにガソリン車の販売停止を目差すという。 世界はレシプロエンジ…

カングーを諦めて・・・

6速MT、猫足、5人乗りの背高車 カングー 高級感や押しの強さとは対極の立ち位置である。 Fun to drive を求めたいのなら大アリな車。 しかし、現実は厳しい。 家に帰って家族に聴いてみると、妻と長男は反対。 それでもまだ未練が残り、昨日長女にも聴いてみ…

ルノーカングーってどうよ

クルマ関係のネットサーフィンしていると・・・ 6速MT車が普通に設定されているメーカーが。 そうだ、欧州ではMT車がデフォルトで、ATは希少なのだ。 日本向けのドイツ車にはMT仕様は少ないようだが、 フランス車は正規ディーラーでもMT車を普通に扱っている…

天窓の快適な季節

今年は未だに蒸すことなくカラリと晴れている 高温多湿が苦手な身としては有り難い。 朝一の始動時から街中に入るまでは 窓を全開にして舞飛ぶ埃を追い出す。 梅雨が始まり朝から雨だとこれが出来ない。 その後もエアコンを入れる必要もなく、 窓をすかして…

理想と現実

物凄く気に入ったクルマがあった 今でも状況が許せば乗りたいが、許されない。 高嶺の花というか、深窓の令嬢というか、 とにかく手間暇と金が掛かるのだ。 ホントにクルマは奥が深いというか、 立派な『沼』である。 今は自分の気持ちに折り合いをつけて、 …

クルマのDIY

最近の車はカスタマイズしにくいようになってる どこに手を入れる余地があったかというと、 TVジャンパー装着と白熱球のLED化ぐらい。 ディーラーでもTVジャンパーは有料作業でするが、 製品はディーラー指定の物でノーマルの状態にこだわって、 走行中のTV…

身の丈に合うクルマとは?

外車ディーラーは人を見るとよく言われる お金持ちには物凄く腰が低くサービスがよい。 翻ってギリギリ背伸びしているオーナーには 冷たい事が多い。特に中古車オーナーには。 某ディーラーで中古車ばかり乗り継いでいた事があった。 中古車は保証期間が短く…

いよいよ梅雨入り

高温多湿の季節が到来した 田植えが始まり、カエルが鳴き始める季節。 例年は1か月半ほどこの『雨季』が続いた後に 『梅雨明け10日』と呼ばれる山の季節がやって来る。 豪雨災害にさえならなければ恵みの雨なのだが、 近年は地球温暖化の影響なのか、被害が…