諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

MR2 ターボ車は5速MT限定の車

日本初のミッドシップMR2に乗るマニア

クルマ好きな友人がいた。たぶん金持ちだったのだろう。

彼の最初の車は流面形セリカGT-Rという

2000ccDOHCの4速AT車だった。

自分の1600GTは5速MT車だったが、AT好きなら

2000ccの選択も有りかな、程度の認識だった。

 

ところが、MR2の初代に1600スーパーチャージドが

発売されるや否や、すぐに乗り換えていた。

後期型Tバールーフ付きG-Limitedであった。

助手席に乗ってみると、完全な二人乗りで

エンジン音が後方から聴こえてくる。

後方の窓はヘッドレストすぐ後ろにあり、

軽トラと違うのは両端が曲面処理されていた所。

 

その後2代目で2000ccDOHCターボになると、

すぐに飛びついて買い替えていた。

これは5速MT仕様限定だったと思う。

 

f:id:supertomcat:20170528135047j:plain

 

これは外見上も大きくなり見栄えが良くなったのだが、

二人乗りという点で道楽車の要素が強すぎた。

走りを純粋に楽しむ、というほどブラッシュアップ

された訳でもなく、何より彼はマニュアルミッションが苦手。

 

f:id:supertomcat:20170528135323j:plain

 

格好は良かったのだが、見てくれ重視のクルマという感じで

当時はそれほど魅力的には映らなかった覚えがある。

 

外見的に似た車ではマツダのサバンRX-7のFC型があったが

これに乗る友人はなぜか居なかった。

 

f:id:supertomcat:20170528135859j:plain

 

これの方が断然興味があったのだが、

なぜ自分の周りでは乗る人間が居なかったのだろうか?

価格的に高かったのだろうか?

 

 

MR2を購入したこの友人は結構クルマ好きであり、

当時日本中で大流行りしていたF-1GPが大好きだった。

モナコGPを観るために、彼女と現地入りしていたような。

WRC好きであればセリカGT-Fourを買っていたのかな。

 

いずれにしてもマニュアルシフトが苦手な彼には

非常に残念なクルマ達であった。

今ならMTは絶滅危惧種でAT全盛で、彼の独壇場である。

彼は何に乗っているのだろうか。