諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

Weather Report

6月6日、清々しいカラッとした朝は今日までで、

明日からはジメジメと湿った大気が南から進入し、

ついに梅雨入り間近の気候になるらしい。

高温多湿である。熱帯雨林気候か。

 

天気予報は毎日のように「体調管理を」と言う。

いつから放送局はそんなにおせっかいになったのか。

何から何まで注意喚起をしていると洗脳的になるかも。

 

さて昔々、明石海峡大橋がまだなく、

児島坂出ルートの瀬戸大橋がもうすぐ架かるという

昭和60年代の頃に『Weather Report』というお店が

舞子の国道2号線沿いにド~ンと鎮座していた。

 

当時はドライブデートが全盛の頃で、デートスポットとして

関西では知らない人がいないぐらい若者には有名だった。

丁度ホイチョイ映画3部作の公開時期と一致する頃で、

海沿いのこの店でお茶することがステイタスだった。

 

当時はまだ流面形セリカ1600GTに乗っていた頃で、

何度か明石海峡を見ながらお茶をしたものである。

 

f:id:supertomcat:20170518082311j:plain

 

結構なお値段だったので、そう頻繁にはいけなかった。

六甲山を東から西に走り抜けてから海に出たり、

時間だけはたっぷりあったので、ウロウロしながら

行っていたような気がする。

 

新御堂筋の突き当りで、まだ田園地帯だった頃の箕面にも

3軒ほど同じようなカフェバーがあった。

エストウッド、サンタモニカ、ピレーネ、だったかな。

ちょっと離れた小野原あたりにもエバンスというお店があった。

 

こちらの方が地元でアクセスも良かったのだが、

やはり若造にとってはお高いお店であったので、

たま~に奮発して行くところだった。

 

マニュアル本が全盛で、デートマニュアルが何冊も出ていて

それを参考に連れていくところ、連れて行ってもらうところの

情報を収集していた。だからみんな行動パターンが同じ。

いつのまにかバブルが崩壊して、お店は消えていた。

 

 

『彼女が水着に着替えたら』でロケ地になったレストラン

鎌倉は七里ガ浜の『レストラン珊瑚礁』は健在のようだ。

 

f:id:supertomcat:20170606084835j:plain

 

有名カレー店で、その味に定評があるそうなので、

老舗として残ってこれたのであろう。

 

翻って舞子浜のレストラン『Wether Report』は

ロケーション以外に売りがなかったのだろうな。

明石海峡大橋の土地買収がらみもあったりしたのかな。