諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

いよいよ梅雨入り

高温多湿の季節が到来した

田植えが始まり、カエルが鳴き始める季節。

例年は1か月半ほどこの『雨季』が続いた後に

『梅雨明け10日』と呼ばれる山の季節がやって来る。

 

豪雨災害にさえならなければ恵みの雨なのだが、

近年は地球温暖化の影響なのか、被害が出るほど降る。

 

今まで乗ったクルマで雨の被害を蒙ったのは1台だけ。

それも、輸入車ではなく国産車なのだ。

 

f:id:supertomcat:20170608082628j:plain

 

新車で買ったパジェロイオ2000ccだった。

設計上の問題だと思う。同じケースの訴えが多数あったようだが、

リコールがないどころか、客の訴えを無視。無かった事にされた。

 

運転席のドアとボディーの間から雫ではなく線の水が車内に落ちる。

職場の同僚のイオでも同様の事象が発生していたのを後で聴いたが、

ドアを1枚丸ごと交換しても現象は改善せず、売却したとのことだった。

 

ディーラーの対応が最悪(無視)だったので、社会問題化しないうちに

売却してしまった方が良いだろうと判断し、2年未満で売ってしまった。

その後また別のことでリコール問題が報道されて三菱自工は危機を迎えた。

 

それまで全く連絡がなかったディーラーの元担当者が、留守番電話に

猫なで声で『クルマを買い替えませんか』的な伝言を入れてきた。

 

相手(客)のことを全く考えられない営業が売る欠陥車なんて最悪。

三菱自工の現状は当然なるべくして成ったことだと思う。

日産の傘下に入ったようだが、組織を解体しないと無理だろう。

 

ゼロ戦や戦艦武蔵を世に送り出した会社の系列とは

とても考えられない体たらくである。