諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

本の効果的な宣伝方法は・・・

我が家のA新聞は日曜刊に本の紹介が載る

先日の日曜日に載った本が面白そうだったので、

早速Amazonで注文した。朝9時頃だったかな。

 

その後、電工実技試験の問題に取り掛かり、

昼頃に休憩ついでにAmazonを見てみると、

あらら、売り切れ。『1~4週間後に入荷予定』

 

朝日新聞 2017年6月18日日刊より

f:id:supertomcat:20170620075545j:plain

 

結構この新聞の読者は本が好きなのかな。

楽天ブックスを覗きに行ってみると、まだ『在庫あり』

 

またまた電工実技試験にしばらく勤しんで、休憩。

今度は楽天ブックスも『メーカー取り寄せ 6~16日程度で発送』

おやおや、注文の優先順位は Amazon ⇒ 楽天ブックス なんだな。

 

紹介された本の全部がこうなる訳ではないのだろうが、

内容が面白そうで評判が悪くなかったら殺到現象が発生する。

 

思い立ったが吉日、先んずれば人を制す、ですな。

 

 

 

そんなに悩んでいる人が手に取るのか?

 

f:id:supertomcat:20170620080508j:plain

 

f:id:supertomcat:20170620080543j:plain

 

 

この本は開いたカバーの折り込み部に『アドラーに出会えたなら、もう大丈夫。』と。

これを見たから買う気になった、という人は居ないかもしれないが、

迷っているときに背中をそっと押されるような効果は期待できるんじゃないかな。

 

f:id:supertomcat:20170620081449j:plain

 

アドラーの本はこれだけではなく、売り場に固まって置いてあるので、

『この本に出合えたなら・・・』でなく『アドラーに出会えたなら・・・』

という言い回しがミソなんだろうな。