諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

雨漏りは2回目だった

10年前にも同じ場所の雨漏りがあったらしい

屋根、外壁のコーティングをして、10年保証と言われ、

今年は丁度保証期間が切れたところ、とのこと。

早速その業者に連絡を取り、前と同じ場所で同じ成因のようだ、

とのことで週明けから修理に入る段取りとなった。

 

平屋根は構造的に屋上に水がたまりやすい。

キチンと排水の施設をしておくことと、

容易に点検できるように昇り降りする手段を施しておくこと。

原因は些細な事でも、目が届かない状態、場所であれば

放置となり、結果大事になり、業者に任せなければならなくなる。

 

f:id:supertomcat:20170702085209j:plain

 

職人さんでないと出来ない事は任せるしかない。

しかしそこに至るまでに日々の手入れと点検の怠りがなかったか。

基本的に自分の場所は自分で守るべきであろう。

 

f:id:supertomcat:20170702085232j:plain

 

たぶん、排水溝の詰まりで平屋根に雨水が溜まっている状態。

屋根に上がれるように点検用の階段でも設けておけば、

たった10年保証で目が飛び出るような費用の掛かる業者には

頼まなくてもよかったのではなかろうか。

今後どうするかも含めて反省しているところである。