諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

段取り八分、仕事二分

実技試験まであと2日かつテント山行まであと2週間余り

4年ぶりのテント泊なので、装備の総点検をしなければ。

同行者の身体も成長しているので、新規に購入するものも。

4年前も例年より雪が残った夏だったのだが、今年はどうだろう。

明日、涸沢ヒュッテ近辺にTVカメラが入るライブ番組があるので、

雪解けの進み具合がチェック出来るのだ。

 

f:id:supertomcat:20170721083515j:plain

 

第2種電工の実技の方は、1日2課題づつこなして、3周分だけでもこなそうと。

明日の夜に集中力と時間があれば、残りのケーブルを使い切りたいところ。

試験が終わればこの練習ももうすることが無くなるだろうし、

なんとか、する意味がある間に材料を使い切りたい。

って、今までサボったツケが廻ってきているだけなのだが。

 

f:id:supertomcat:20170721084038j:plain

 

来週は『電工技能練習ロス』になるのかも・・・?

 

 

 

仕事は出来るけど・・・と言われる人は何ができないのか?

たぶん段取りのことを言われているのかな。

 

テントの点検や、食糧計画や、防水袋の追加購入や・・・

本当は、計画と事前準備(=段取り)が一番面白い部分なのだ。

計画した通りに進める実行力が『仕事』

 

技能試験の練習も然り。複線図を書くのが『段取り』。

きちんと作った複線図の通りに組んでいくのが『仕事』。

 

段取り八分、仕事二分ですな。