諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

結局、スポーツモード全開

エコモードで走っても航続可能距離は減る

あと数日しか乗れないクルマでこの走りはどうよ。

気に入って乗っていた車を、ヘビの生殺し状態で終える?

いや、それは違う。最後まで『らしく』走ろう。

 

というわけで、わずか半日のエコ走行で根を上げて給油へ。

10ℓだけの燃料追加で航続可能距離は約110km増えて250kmに。

 

 

f:id:supertomcat:20170823080649j:plain

 

スポーツモードに切り替えてメーター照明は赤色に。

燃料計の針はそれでも半分より1目盛り少ない。

このメーターもいつも背景赤色だったので、RX=赤メーター

というイメージしか残らないだろう。

 

このRXは色だけの違いだが、最近のレクサス車はもっと進んでおり

液晶パネル表示なので、同じ車でも走行モードでメーターの表示が全く変わる。

これは最初のうちは目新しいかもしれないが、長く乗るとするといらない。

 

オーナーなのに見たことのない(というかほとんど見ない)

メーターの景色がその車にあるというのはなんか悲しい。

しかし、その景色を見るためだけに、そのモードで走るのもどうかと。

 

スピードメータータコメーターの位置が入れ替わったり、

ゼロの位置が変わったり、何か意味があるのか。

 

どれが一番良いかわからないから選ばせるのだろうか?

それならそれでユーザー選択制にして、固定可能にしてほしい。

モードによってコロコロ変わるのは刹那的で節操がないと思う。

 

やはり、長く乗ることを考えていないのか、乗せたくないのか。

まだまだ世界と張り合うような思想や哲学はないようですな。

 

な~んて、好き放題言っておこう。

残された日々も今まで通り安全にスポーツモードだ。