諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

あと2日で試験結果発表だが・・・

今年の3月に申し込んだ第2種電気工事士試験は

6月4日(日)に筆記試験を守口市電通大で受けて、

7月23日(日)に実技試験を梅田のスカイビルウエストで受けた。

半年弱に渡る時間を掛けてようやく9月1日(金)に最終発表がある。

 

f:id:supertomcat:20170723162628j:plain

 

これ以前にアマチュア無線技士電話級を二十歳頃に、

かなり間が空いて5年前に3級、2級、1級と続けて取得。

現在も開局はしているものの開店休業状態。ナニカガチガウ。

 

アンテナ工事はもちろん自分で行った。配線を室内に引き込んで

無線機を設置して接続する。作業は非常に楽しかったが、

アンテナは再々変更するものでもなく、あとは無線局の運用のみ。

 

電話やモールスやAPRSやD-starやモービルやと色々試してみたが、

若い情熱が欠如しているせいなのか、わくわく感ゼロ。

昔はあんなに輝いて見えていたのになぜだ。

ローカル局とのラグチューもかなりの間していない。

アイボールは定期的にあるのだが、波を出す話にはならない。

 

先日、実技試験の練習期間中にアイボールすることがあったので、

第2種電工の事を話してみると、ちょうど下期の申込期間であり、

もの凄い喰いつきぶりで、すぐさま受験手続きをしたとのこと。

「これを先にとるべきだったかもな」と彼は言っていた。

 

f:id:supertomcat:20170618083833j:plain

 

そうなのだ。無線は好きなのだが目的は運用でなくDIYなのだ。

彼に気づかされるまでそういうことだとは思わなかった。

 

資格を取ればすぐにプロなわけではなく、最低限の事を学んだド素人。

他人様にご迷惑を掛けない範囲でDIYを通じて技術を会得出来るかな。

まだ発表前で気の早い話ではあるが・・・

 

資格取得の直接目的だったテレビ設置は、諸般の事情と大人の都合で

プロの電気工事士さんにお願いすることになったのだ。

なるべく見学させてもらって、プロの仕事を垣間見ようと思う。