諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

受験番号なんだっけ(ウッカリ)

第2種電工上期技能試験の発表日

朝9時半頃からオンラインで発表するとのアナウンス。

発表日当日はパイルアップになるので時間を置いて見て欲しいとも。

さていよいよ最終発表である。

 

筆記試験の合格者が技能試験に進めて、技能試験の合格者が最終合格者。

筆記試験はマークシート方式なので、試験後に解答が発表されて、

自己採点ができるので合否は発表前にほぼわかる。

 

ところが、技能試験は『欠陥』があれば不合格という基準なので

自分の技能試験を動画で録画でもしない限り合否は不明。

 

合格発表日はもちろん仕事である。

朝9時半過ぎてネットを覗くと発表が始まっている。

・・・おっと、受験票を持ってくるのを忘れた!

自分の受験番号が分からなければ合否は判らねえ罠っ!!

しくじった~

 

 

 

(おいおい、こんなウッカリミスする奴が、

 技能試験でもウッカリミスをかましてないか?)

 

 

 

仕方なく、上期技能試験の結果について(プレスリリース)を見てみる。

受験者数は 55,660人で合格者数は 39,704人、合格率は 71.3%である。

ここ3年の上期合格率は71.8%、74.1%、71.3%とある。

今年から合格基準が厳しくなったが、合格率はほとんど変わらず。

 

 

・・・こんなものを読んでみても自分の合否はわからない(アタリマエ)

まあ7割合格しているのだから、合格しているだろう・・・

と、仕事を終えて帰宅してオンライン発表を見たのが21時前。

 

 

 

 

 

ドックン、ドックン、ドックン・・・・

 

 

 

 

 

 

 

f:id:supertomcat:20170902081635j:plain

 

 

ふん、普通に当り前だわな。(合格判明してからの強気)

 

自分が認知していないウッカリ欠陥は誰にでも起こりうるので、

やっぱりこればかりは、蓋を開けてみないとわからないよな。

 

 

まあ、約半年掛けた成果は出ましたな。(構想は1年)

 

 今後は免状交付に5,000円超の出費がある。

テキスト、工具、部材、受験費用と、お金が掛かる試験でした。