諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

一般車で観光地に行くと課税対象?

自動車産業が猛反対するであろう案を発表

一昔前には、『休日は高速道路1,000円』だったのに、

『渋滞緩和』を理由に休日の観光地に乗り入れる

一般車を対象に、1,000円程度の課税を検討するとのこと。

 

・・・

若者の自動車離れに拍車をかけて、クルマの内需がしぼむ。

外国人観光客への配慮か?タクシーや公共交通機関

外国人vs日本人で争奪戦が起こる?

 

f:id:supertomcat:20170907084244j:plain

 

現在でも京都市内では、バスに観光客が大挙して乗り込むために

市民の生活の足が制限される結果になっているというのに、

移動の自由は制限するべきでないとするなら、

それは自国民の観光客や地元で生活する人々にも、

等しく適用されるべきであろう。

 

自動車産業のみならず、地方自治体や観光産業関係者、

地元小売業者等、様々な層で反発が起きるのは必至である。

さらに、ガソリン料金の中に含まれる道路税の扱いは・・・

 

増税の話ばかりで、減税や税廃止がないのはいかがなものか。

旧民主党が政権を取る際にマニュフェストで唱えたが、

全く実行されていなかった。ここ、忘れてませんか?