諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

夏バテ?燃え尽き症候群??

朝晩は涼しく昼は残暑で寒暖差の大きい時期・・・

衣服の調整に失敗して風邪を引き込んでしまわぬように

長袖の羽織ものが必要になってきた。

 

スポーツに行楽にちょうど良い季節の到来なのだが、

夏の酷暑に慣れ切った身体の順化がまだ済んでいない。

夏バテなのか、燃え尽き症候群なのか、軽い倦怠感と

モチベーションが上がらない沈鬱な気分がつづく。

 

きょう公開の映画の中でクリストファーノーラン監督の

ダンケルク』が前評判が高いようである。

 

f:id:supertomcat:20170909082128p:plain

 

第2次大戦の初期、ナチスドイツの電撃戦により

仏は東部国境の要塞線をあっけなく無力化され、蹂躙される。

仏国内の英仏連合軍部隊は北に敗走しダンケルクに追いつめられる。

ヒトラーは全部隊に停止命令を出して、英仏連合軍は海峡を越えて

英本土に無事撤退することが出来た、『奇跡の撤退』である。

 

これはあらすじではなく史実として知られている事で、

この話をどういう風に映像化しているのか、

インセプションインターステラーの監督の最新作として

確かに興味はある。

 

 

しかし、封切り日に混雑した映画館で観るのもなぁ~

同じ料金なら、静かに落ち着いて観れる方が良いかな~

DISCでカウチポテトの方が断然楽ちんだしな~

と、やる気なし症候群の真っただ中なのである。

 

 

第2種電工の下期筆記試験は3週間後である。

これを受けるローカル局は、7月までは

『9月1日に結果が分かったらお祝いでも残念会でも、しよか』

といって余裕を見せていたが、

先月末に会うと、ソワソワ落ち着かず、

『過去問さえやったらイケるかな~』と飲み会どころではない様子。

 

 

やる気なし症候群を乗り越えるには、新しい目標が必要なのだ。

が、そんなものはホイホイと見つかるものでもないので、

とにかく身体を順化させるために裏山歩きでもするかな。