諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

断捨離は計画的に その2

今年は我が家の体制が変わった年である

その体制の変化を象徴するのが約5年に渡り進化してきた

熱帯魚水槽の撤去である。

最初は玄関に置く小さな観賞用水槽だったのが、

最終的には900mm×450mmの外部フィルター付きで

CO2インライン付加を行っていた。

底砂だけは最後までソイルにすることはなく、大磯砂だったが。

 

f:id:supertomcat:20170911083617j:plain

 

昨日4時間ほど掛かって撤去を完了した。

ミドポンはほとんど減っていない状態で残ったので、

炭酸水自家製造に流用することにした。

 

水槽装置一式にはかなり存在感があったので、

無くなってしまうとかなり寂しい。

心にポッカリと穴が開いたようである。

 

この道具たちも含めて、大掛かりな断捨離を実施するのは

来週の予定である。