諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

希望と維新の類似性?

地方の人気知事が率いる国政政党

松井氏と橋下氏が旗揚げした大阪の地方政党”大阪維新の会”。

大阪では圧倒的な支持を集めており、現在でも知事、大阪市長

大阪府議会などで地方政治に大きな存在感を示している。

大阪維新の会は『大阪都の実現』という目的を掲げる党である。

この大阪維新の会が国政選挙に進出した際に設立した政党が

日本維新の会である。

 

日本維新の会大阪維新の会の政策を実現する為に

国政に一定の影響力を持つべく立ち上げられた党のように思える。

代表は松井大阪府知事が務めるが、現在は国政に出るつもりはなさそう。

地方政治がメインであるという印象があり、大阪府下では議席があるが

近畿圏でも大阪以外では勢いは弱くなる。

 

現職の東京都知事で、東京都議会で多数派を占める、

都議会議員の政党”都民ファーストの会”代表の小池氏が立ち上げた、

国政政党”希望の党”である。

一地方の首長が国政選挙に進出するという構図は全く同じ。

都民ファーストの会”を立ち上げてほとんど間なしに設立されている。

 

現在のところ東京都政で結果を出したと言えることもなく、

都民ファーストの会は数字上は都議会第1党になったが、

実際の活動はこれからで、まだまだ未知数の部分が大きい。

 

結果を出す前に次々と仕掛けをしているが、

これこそポピュリズムの手法ではなかろうか?

変化が早すぎて思考停止状態で支持を集めてゆくスタイル?

 

f:id:supertomcat:20170929063526j:plain

 

旧民主党が政権を奪取した出来事の記憶は新しく、

反対運動しかできない野党に政権担当能力はないことは

痛いほどよくわかっている。危機管理も含めて。

 

恐らく”希望の党”は思う程に議席を伸ばせず、

立憲民主党と同程度の党勢に止まるだろう。

その結果、与党と対決姿勢を鮮明にし過ぎた、

希望の党都民ファースト小池都知事は窮地に追い込まれ、

東京オリンピックまでに都知事を務めることは難しくなるかも。

 

国際情勢は緊迫しており”国難”であることは違いない。

反対、反対だけでは思わぬ結果を招きかねない。

さて、この国の舵取りはどうなるのだろうか。