諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

DVDショップはもはや死語か

DVDやブルーレイは街では購入できない

週末に突然観たくなった作品があったので、

買って帰ろうと思い、店を探してみる。

先ずはブックオフの大型店舗に行ってみたが・・・

 

f:id:supertomcat:20171015133909j:plain

 

ビル全体がブックオフの大型店舗にもかかわらず、

お目当ての作品(邦画)はなし。新しすぎて売れた?

 

次に郊外型の大型店舗エディオンのDVD、CDコーナー。

新作のコーナーは極小さく、2枚で〇〇円とか、

3枚買えば1枚タダ、とか旧作ソフトの叩き売りコーナーばかり。

 

それなら・・・TSUTAYAの販売コーナーでレンタル落ちは?

TSUTAYAブックオフがとなり同志の店舗へ。

ブックオフにはなく、TSUTAYAではレンタルコーナーには

お目当てのDVDが大量にあったが、販売コーナー自体がなかった。

 

大阪市内まで足を延ばす気力も時間もない。

大型ショッピングモールの中にあるHMVに行ってみる。

2作品で1セットの片方だけあった。が、定価で販売のよう(アタリマエ)

・・・定価販売なら、いいや。ヤメ。

 

帰りがけに、近所の郊外型書店のDVDコーナーを覗くと、

先ほどあったもう片方の作品がやはり定価販売している。

6軒回って、最後の2軒に1本づつ、2軒あわせて完成。

しかも定価販売で。これは売れない訳だ。

 

ネットで注文すると、初めから割引価格で販売されていて、

送料は新品ならほとんどの場合で無料。

翌日~3日後には届いている。

 

今回のように突然発作的に観たくなった場合は、やや困るが、

観るだけなら、オンデマンドで観れるので、リアル店舗はいらない?

DVD、BlueRayは中身がわかって買うので、あとは値段だけの問題。

待つ余裕さえあれば、リアル店舗はいらないな。