諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

清宮くんの違和感

7球団に1位指名を受けて大物ぶりを発揮したが・・・

たぶん大物なのだとは思う。本人も自覚はあるよう。

しかし、まだ高校も卒業していないガラスの10代だ。

それにしては時に”上から”の発言が耳につく。

 

交渉権を獲得した日ハムは舞い上がって、

VIP待遇にするだの、専用の秘書をつけるだの、

まだ海のものとも山のものともつかないような

10代少年の真っ当な人格形成を阻害するような

腫れ物扱いをするつもりのようだ。

 

NBPの重鎮が「あれはいきなり1軍では使えない」

「たいしたことない」などの発言をするのは、

苦労人には我慢できない、ある種の驕りを感じるのでは。

 

『皆に目指されるような選手になりたい』

という発言も、うがった見方をすれば、

能力だけでなく、人格的にも尊敬されるようになる、即ち、

能力があることを前提にその先に踏み込んでいる?

 

自分の思いや考えは、そのままを口にしてはいけない。

Big mouth は嫌われる原因になるだけ。

そのあたりを教えてあげる大人は周囲にいないのだろうか。