諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

鰻屋へ

年に3回か4回行く鰻屋がある

ここの鰻を食べたら他所のは食べられない。

それでもたまに食べることがあるが、必ず後悔するのだ。

コース料理で付き出しから始まり、

湯引き、肝焼き、白焼き、押し鮨、茶わん蒸しがでてきて、

肝吸い付きのうな丼が出てくる。

 

f:id:supertomcat:20171107084947j:plain

 

重にすると食べにくいから丼にしている、とのこと。

で、コーヒーとデザートが出てコース終了。

 

そこそこのお値段はするが、これだけのものを食べられると安い。

ここのお店が無くなったら、鰻ジプシーになってしまう。

という程に鷲掴みにされている鰻屋である。