諸行無常の響きあり

日々の出来事を思いつくままに綴ります

中途半端なレクサスの立ち位置

レクサスはトヨタの1販売チャンネルに過ぎない

ネッツやカローラトヨペットトヨタ店と同じである。

ただ、ラインナップ商品がトヨタではなくレクサスなだけ。

 

メルセデスベンツAMGBMWのMとは立ち位置が全く違う。

AMGやMは高性能チューンナップ部門で、販売チャンネルではない。

レクサスの中ではFスポーツと呼称されているFがそれに相当する?

富士スピードウエイの頭文字が由来だそうであるが、

AMGやMに比べればまだまだオマケみたいなもの。

BMWのノーマルグレードのMスポーツに近い物ぐらいでしかない。

 

レクサスはCTやHSを販売する時点で高級路線ではなく

全方位販売チャンネルに転換した。

社内から独立した採算性を求めるように声が上がったのか、

レクサスブランドを利用してチープな車を売りつける。

その時点でLSやLCの価値も下げることになるのに。

 

f:id:supertomcat:20171115132636j:plain

 

グレードについても、Fスポーツか否かでも運動性能にほとんど差はない。

全体的にマイルド(アンダーパワー)な方向へ振りすぎている。

ライバル視する外国車を超越するには、おもてなしや洗練さではなくて、

クルマとしての絶対的な性能で最低でも肩を並べる必要がある。

セカンドカー向けのクルマとして販売しているとしか思えない。